FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(取組事例)大林組、55%節電LEDを共同開発


曽田です。

とうとうゼネコンまで、LEDの制作(OEMですが)をはじめたという記事です。


元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000008-fsi-bus_all

-----------------------(記事転載)-----------------------------
大林組は21日、蛍光ランプ2灯分の明るさを1灯で実現したLED(発光ダイオード)をNECライティング(東京都港区)と共同開発したと発表した。従来の照明器具に比べ消費電力を55%減らせ、LED照明と比べても30~50%減らしたのが特徴。ビルの2~3割の消費電力を占める照明の省エネ化として受注につなげる考え。

 開発したのは「エコルミLED」。両社のノウハウを生かし効率の高い照明構造とすることで、1灯当たりの消費電力は27ワットと、従来の蛍光灯(約60ワット)に比べ半分以下。コストは従来品に比べ2倍超となるが、長寿命で約10年間は交換不要のため、ランニング費用が約6割減り、約5年間で初期費用の回収が可能という。
--------------------(ここまで)-----------------------------

OEM製造の目的はコストダウンでしょうか。

NECライティングからすると、決まったお客様に一定量の製品を供給するわけですから

思い切った値段が設定できます。

またオリジナル商品ですから市販品との価格差を気にせず販売できます。

LEDでは、従来の照明では無かった商流ができていますね。

以上
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/08/01 19:22 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/315-0578e149








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。