FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(業界動向)フィリップス、日本における照明事業の売上高は今夏、半分がLED関連に

曽田です。


元記事:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110620/192732/

-----------------------(記事転載)-----------------------------
フィリップス エレクトロニクス ジャパンは2011年6月20日、照明関連事業および自動車向け新製品に関する発表会の席上で、LED照明関連事業が好調に推移していることを明らかにした(自動車向け新製品のTech-On!関連記事)。同社によれば、日本における照明関連事業全体に占めるLED照明関連の売上高の割合は、2011年夏には半分に達する可能性が高まったという。オランダRoyal Philips Electronics社グループ全体における世界の照明関連事業では、LED照明関連が占める割合は2010年に13%で、50%に達するのは2015年とみる。同社日本法人は4年も早くLED化が進んでいることになる。

 フィリップス エレクトロニクス ジャパン ライティング事業部の事業部長である岸和紀氏によれば、Philipsグループの中では日本法人におけるLED照明関連の比率が先行して高まっているという。2010年の段階では、LED照明関連の比率が照明関連事業の50%に達するのは2012年、早くても2011年末と予測していた。もともとLED照明への関心度が高まっていた状況に、東日本大震災に端を発する電力不足の問題が加わったことで、LED照明への引き合いがさらに強まったとみる。
thumb_500_Poffice-1.jpg
LED化したフィリップスジャパンオフィス
-----------------------(ここまで)-----------------------------

日本のLED化が進んでいる実態を顕著に表した記事ですね。

3月11日に大震災が起きなければ、また、震災が起きても原発が障害を起こして、電気不足という事態にならければ

ここまでLED化が進むことはなかったように思います。


実際、フィリップスの12Vダイクロハロゲン置き換え型のMasterLEDも、ここにきて納品が遅れ気味です。

私どもライトにも大変たくさんのお客様からご注文を頂戴しているのですが、

納品が遅くなってしまい大変ご迷惑をおかけしていますこと、お詫び申し上げます。

この納品遅れは、フィリップス社だけではなく、他のメーカーのLED電球も同様のようです。



急激に暑くなり、消費電力のピークが、供給のピークに近づくにつれ

世の中の省エネ熱も、上昇しっぱなしのように思います。



ほかの記事でもコメントしましたが、最も重要なのは、11時から16時の消費電力ピークが、

供給電力を上回らないこ
とです。

この時間に消費電力が上がってしまうのは、暑さの問題です。

空調を半分だけつけるとか、外に出かけて空調をつけないとか

昼間は、太陽光を取り入れて照明を点けないとか

ピンポイントでの省電力対策に気を付けたいものです。

以上
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/06/29 08:51 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/307-1802dde1








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。