FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

(導入事例)年間1億円削減、ワタミの居酒屋がLED照明をリース


曽田です。


元記事:http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110425/547139/

-----------------------(記事転載)-----------------------------
新生銀行グループの昭和リースは4月6日、ワタミフードサービスが運営する居酒屋「語らい処 坐・和民」の全国188店舗に、LED照明をリースしたと発表した。電力コストなど年間で約1億円を削減できるという。省エネ機材を企業にリースして、削減した光熱費などの一部を報酬として得るESCO(Energy Service Company)型ファイナンスで導入した。
 2010年11月から2011年2月末までかけて、全店の店舗内照明をLED照明に変更した。破損する可能性がある看板や高温多湿で動作条件が厳しい厨房は従来の照明のままにしてある。LED化によって電力使用量を削減するほか、従来の全電気使用量で発生するCO2の6%に相当する2403トンの削減を見込んでいる。
 昭和リースは、2009年からESCO事業を展開しているが、ワタミの事例はとくに大規模なものとなる。同事業では、導入する設備の機種選定、工事請負、保守契約までをワンストップで行い、企業ユーザーに省エネ効果を保証する。企業にとっても、リース契約で初期投資が不要というメリットがある。

 ワタミグループでは、2010年10月に子会社のT.G.I.フライデーズジャパン(東京・大田)が運営するレストランバー「T.G.I.フライデーズ」計9店舗へのLED導入が完了しており、グループでは2例目のLED導入。費用対効果をみながら他店舗への導入も検討していく。
-----------------------(ここまで)-----------------------------

飲食チェーン店の大掛かりな、照明LED化の事例です。

CSRの側面からも、震災後は、電力消費削減という課題が最も大きなものになってきてます。

中部地方でも浜岡原発の稼働停止処置が発動され、

それに対応して関西地区からの電力供給協力の話が橋下知事から出るという話や、

東京電力の補償金の原資確保のために全国の電力会社が電気単価を値上げする話など

関東、東北地域のみならず、全国で電力消費を下げていこうという機運が高まってます。


その機運にいち早く「ワタミ」は、対応したということでしょう。

早く対応するためには、意思決定を早くしなければなりません、

今回はその意思決定を即す為に、ESCO事業を活用したものと思います。


私どもライトでは、単に省エネ・節電という視点からだけでなく

実際に現場で使える(販売するのに、食事をするのに、くつろぐのに適した“あかり”)を

日々提案申し上げています。

その空間が持つ目的を達成するために必要な“省エネのあかり”が必要な方、

ライトまでお問い合わせください。

以上
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/05/10 08:13 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/284-3acd6dbc








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。