FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

棚下も高速もLED化


曽田です。


(製品情報)棚の外側に光が漏れないLED棚下照明、岡村製作所
ecolight-L.jpg

-----------------------(記事転載)-----------------------------
岡村製作所は、棚の外側に漏れていた光を集めて、商品陳列に十分な明るさを確保しながら省電力化を図ったLED棚下照明「ECO LIGHT-L(エコライト エル)」を3月8日発売する。光源部分にレンズを備え、これまで棚の外に漏れていた光を内側に集光する。

エコライト・エル

「ECO LIGHT-L」電球色(写真:岡村製作所)
 従来のLED棚下照明器具では光が拡散して棚の外側に漏れるのに対し、ECO LIGHT-Lは光をレンズで集めて棚部分だけを照らす。これによって、少ない電力で高い照度を得られるほか、見上げた際のLED照明特有のまぶしさ感が軽減され、目にやさしい。

 照度は、高さ300mm直下の中心照度が1500ルクス。消費電力は1灯当たり7.6W(昼光色900mmの場合)で、同等の照度の棚下照明では最も少ないという。電源アダプター内蔵で別置き電源が不要。既存のレールコンセントに取り付け可能なため、一般の蛍光灯棚下照明と同じ感覚で扱える。寿命は4万時間。

 色の種類は、昼光色(色温度5700K-7100K)、昼白色(4600K-5500K)、電球色(2600K-3250K)の種類。長さは600mm、750mm、900mm、1200mmの4種類がある。いずれも希望小売価格は2万8980円(灯具本体のみ、電源コード取付金具別)。
-----------------------(ここまで)-----------------------------
棚下の照明は、狭いところから、ある程度限られた範囲を照らすので、LEDの得意分野ですね。
ただ、30,000円弱というのはいかがなものか??もっとも定価なので、実質販売価格は・・・。



(利用事例)LED照明採用で保守を軽減、阪神高速・京都線

高速LED
-----------------------(記事転載)-----------------------------
京都市内に建設中の阪神高速8号京都線で、鴨川東―上鳥羽間の1.9kmが3月27日午後3時に開通する。新規に開通する区間の本線全線にLED照明を採用したのは全国で初めてだ。同区間の開通で8号京都線の全線10.1kmが一本につながる。
 開通する区間には、109基のLED照明を設置する。暫定2車線の対面通行なので、供用後には車線規制をして保守点検することが難しい従来のナトリウム照明と比べて1.7倍長く使えるLED照明を採用することで交換の回数を減らす
 阪神高速道路会社によると、長さ1kmを超える新規の開通区間の全てでLED照明を採用した高速道路は初めて。今回の開通区間の事業費は375億円だ。
 8号京都線は、京都市と阪神高速道路の合併施行方式で整備。京都市が用地取得と本体施工、阪神高速道路が舗装工事と供用後の管理などを手掛ける。1995年に着工して、2008年1月に南側の上鳥羽―第2京阪道路接続部間の5.5km、同年6月に北側の山科―鴨川東間の2.7kmがそれぞれ開通している。
 両区間の間の鴨川東―上鳥羽間がつながることで、38分掛かっている京都市山科区役所から八幡市役所への所要時間が32分に短縮する。
-----------------------(ここまで)-----------------------------
11号池田線と同じであれば因幡電機製作所の照明ということになりますが、メーカーの記載はありませんでした。
あかりとは何ら関係ありませんが、山科までじゃなくてもっと先まで行って、名神とつながって欲しいですね。



以上





スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/03/14 07:56 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/249-914b4428








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。