FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

誰も知らない。

こんにちは。上野です

最近は暖かくなったり寒くなったり・・・、夏は嫌いですが、やはり寒いと暖かさが恋しくなりますね

さて、つい先日お客様からあるランプのお問合せがありました。

みなさまご存知ですか?

『美術・博物館用蛍光灯』

その名の通り、美術館や博物館で使用するランプなのですが、
通常、蛍光灯からは紫外線がでます。しかし、絵画などには紫外線は大敵です
なぜなら、作品が劣化してしまうからです。
その際に、使うのがこのランプ!
ランプから出る紫外放射量を抑え、展示物の劣化を防止します

なんとまぁ素晴らしいランプでしょうか
こう見えてわたくし、美術館が大好きなんです。
やはり大好きな作品は、つくり・描かれた状態のまま、素晴らしい環境、状態でみるのが良いですよね。

余談ですが、今月のお休みに姉と、徳島県にある「大塚国際美術館」を訪れる予定です

300px-The_Otsuka_Museum_of_Art01s3200.jpg←ここ

一度行ったことあるのですが、広すぎて1日じゃまわりきれませんでした!
今から楽しみです

ちなみにここに飾られる名画の多くは、陶器の板に原寸で焼き付けたものだそうです。
(大塚グループ独自の特殊技術によって
そのため、写真撮影OKの展示ルームがあったり、屋外に作品が展示されているのです。
なんとまぁ!
さらに、この技術には
「古代から現代にかけて極めて著名、重要なものばかりを展示しており、これらを原寸で鑑賞することでその素晴らしさを理解し、いずれは現地で本物を鑑賞して欲しい」という願いが込められているそうです。
なんてこった!

みなさんも興味があれば、是非この、

200px-The_Otsuka_Museum_of_Art04s3872.jpg

システィーナ・ホールに展示されているミケランジェロの『最後の審判』をみに行ってみてください。
圧巻ですよ

美術館つながりでもう1件

みなさまご存知の
PARCITY01-GL1.jpg
  「ルーヴル美術館」

ルーヴル美術館では、東芝さんの協力のもとに現在照明改修プロジェクトが進行されているそうです。
具体的に何をするかというと、美術館の広場や中庭を中心に、投光器やライトアップ用照明などをLEDに交換するそうで。
この計画の目的は、環境保全活動として、既存のランプをLED照明に置き換えることで環境負担を低減するんだとか
 
やっぱりおパリは規模がおっきいですね!

とまあなんだか長くなりましたが、現在お困りの美術館、博物館様、いつでもご連絡お待ちしております
もちろんほかのどんなお客様もお気軽にライトまでお電話ください

お次は永井くん、お願いします!
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/03/03 09:30 ] ランプ全般 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/244-90598b8d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。