FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミラノサローネも慈尊院もLED


曽田です。


(展示会)2011年ミラノサローネに出展 展示コンセプトは「(standard)3 piano-forte」LED照明や有機EL照明パネルを使ったインタラクティブな空間を展示
ミラノサローネ出展イメージ
-----------------------(記事転載)-----------------------------
パナソニック電工は、イタリア・ミラノで4月に開催される家具・インテリア用品の国際展示会「ミラノサローネ」に、LED照明と有機EL照明を使った光の空間を展示すると発表した。
 内容は、LED照明や有機EL照明パネルを、センサーで人間と双方向的に展示することで、パナソニックが追求する空間における光の質を表現するという。会場のデザインを務めたデザイナーのフェルッチョ・ラビアーニ氏は、会場について「テクノロジーと戯れて楽しんでいるうちに、その裏にある卓越した機能が理解され、将来の活用法あるいは未来の可能性が導かれる。テクノロジーとのつき合い方の一提案である」としている。
 展示コンセプトは「(standard)3 piano-forte」で、スタンダードな製品群を立体化して提案するという意味の「(standard)3」(スタンダード3乗)に、ピアノの前身となった楽器「piano-forte」(ピアノフォルテ)を合わせたものとなる。パナソニックでは、ピアノフォルテがそれまでの楽器で表現できなかった音の強弱を可能にしたように、LEDや有機ELが切り開く新次元の光の空間が体感できるとしている。
 展示期間は4月12日から17日までで、時間は11時から20時(現地時間)。会場面積は600平方m。
-----------------------(ここまで)-----------------------------
パナソニックのブランド戦略ですね。
ヨーロッパでは、機能性だけでは物が売れません。デザイン、センスも含めた品質のアピールに出展するのでしょうね。
見に行ってみたい展示会です。



(導入効果)慈尊院で見た新光源の実力

-----------------------(記事転載)-----------------------------
和歌山県九度町にある高野山真言宗の寺院,慈尊院(じそんいん)。弘法大師で有名な金剛峰寺がある高野山の表玄関に位置する慈尊院は,金剛峰寺などとともに「紀伊山地の霊場と参拝道」の一部として世界遺産に登録されている。この慈尊院の拝堂にある灯籠や屋外照明が2010年の師走,ほぼすべてLEDに代わった。

 光源にLEDを使う灯籠は実に320台。屋外の照明器具も48台ある。2010年11月24日から設置作業を始め,1週間後の11月30日には作業を完了したという。2010年の師走に間に合った。2010年の大晦日から2011年元旦にかけて,初詣客をLED照明で迎えたことになる。

(途中省略)

慈尊院の歴史は古い。弘仁7年(816年)に弘法大師が高野参拝の要所となる場所に,高野山の表玄関として伽藍を創建したのが慈尊院の始まりだという。かつて高野山の金剛峰寺から7里(28km)四方が「女人禁制」だったころ,慈尊院は女性が高野山にもっとも近づける寺院だった。そのため,慈尊院は「女人高野」と呼ばれる。

 こうした長い歴史を持つ慈尊院の灯籠は,当初の光源はろうそくだった。ろうそくを使っていたころは床がススで覆われ「すぐに足の裏が真っ黒になった」(安念氏)。ろうそくは白熱電球に,そして今回,LEDへと代わった。長い歴史を持つ寺院と最新技術のLED。一瞬ミスマッチに見える。だが,かつて寺院は考え方や教え,建築技術など最新情報や技術の集積の場であった。そうしたことを考えると,LEDが寺院に入ることは決して不思議なことではないといえる。
-----------------------(ここまで)-----------------------------
フィリップスのLED光源が使われたようです。
どんな雰囲気なのかは、実際に目にしないと写真では分かりにくいですね。
場所は、高野山の上ではなくて、麓のようなので見学しに行くのも良いかもしれません。

以上
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/02/24 08:47 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/239-7da05b9f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。