FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cree社のLED電球現る!


曽田です。

(助成金事例)【住宅用 L E D 照明普及促進事業】東京都足立区
足立区は平成23年度、住宅用LED発光ダイオード照明の普及のため、購入費を補助することを決めた。
都内では初の取り組み。
 区によると、5千円分以上のLED電球購入を確認できる領収書などを3千円分の区内共通商品券と交換する。23年度当初予算案に、1万5千世帯分5千万円(郵送料を含む)を計上した。
 目標が達成されると、1日8時間の点灯で、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)が年間約1800トン削減され、1世帯当たりの電気代も約8千円安なるという。


(導入計画)URが共用部分にLED照明を100万台、独自の基準策定も
ur賃貸
-----------------------(記事転載)-----------------------------
都市再生機構(UR)は、管理する賃貸住宅の共用部分の照明器具約100万台10年間かけてLED化する。
全国約1800団地・76万戸の共用廊下や階段、屋外部分の照明器具について、器具の交換時期が来たものから順次LED化を進め、2020年度までに100万台すべてを切り替える。
 LED化する照明はほとんどが蛍光灯で、サイズの小さい10W形と20W形が半分以上を占める。蛍光灯の一部は非常用照明を兼ねており、これらについては現行法規ではLEDを使用できないため、制度が変更されれば交換する。

URは2011年1月11日、「UR賃貸住宅における環境への取組みについて」と題する計画を発表した。今後10年間の環境配慮への取り組みとして、共用部分の照明のLED化のほか、給湯器の「エコジョーズ」への切り替え、エレベーターのインバーター化、入居者(顧客)による団地バルコニーでの「緑のカーテン」推進協力などを行うことを明らかにした。

 今回の取り組みで、URは10年後の2020年度に年間で最大約2万7000tのCO2削減を見込んでいるが、このうち1万7500tを照明のLED化によって削減する。「賃貸住宅の共用部分で使うエネルギーはほとんどが電力だ。そして、共用部分で使う電力の半分近くが照明によるもの。照明を省エネ化すれば効果は大きい」――。UR住宅経営部 電気・通信チームの寺沢一郎チームリーダーはこう語る。

 想定する投資額の半分はLED照明に使う。URが今回の環境配慮に投じる資金は10年間で約100億円を見込んでいる。このうち約50億円をLED照明器具への交換に充てる1台当たり5000円の追加投資で、もともと交換する計画だった照明器具をLED化していく5000円の価格差なら、次の器具交換時期となる10年後までに投資回収が可能だとURでは試算している。LEDは消費電力が少ないので電力料金が削減でき、長寿命なので次の器具交換までランプ交換コストが発生しないためだ。

URでは既にいくつかの賃貸住宅の共用部分でLED照明を試行導入している。金町第一団地(東京都葛飾区)の建て替え後住棟や、新築のシャレール西ヶ原(東京都北区)などでは、一体型のLED照明器具を新規導入した。2010年度には、大森北五丁目団地(東京都大田区)など3カ所で、20W形と40W形の蛍光灯を直管蛍光灯形LED(ランプ+器具)に交換する。2011年度は各支社ごとにそれぞれ数カ所でLED照明を試行導入する計画だ。

 URでは2011年度いっぱいまでをLED化のための試行期間と位置付けている。試行結果を検証し、照明の業界団体などの協力を得ながら、共用部分に求められるLED照明の性能について、UR独自の基準を策定していきたい考えだ。

 使用するLED照明器具の銘柄は、URが直接指定するわけではない。工事を受注した事業者が、URの示す基準に合致するものを用意する。試行導入のための基準については、「基準をまとめるための試行的なもの」であるため詳細は公表していないが、消費電力は蛍光灯から4割削減、全光束は蛍光灯の6割程度以上を目安にしているという。そのほか、動作保証の温度、ノイズ対策やちらつき防止対策の有無、電源部分が電気用品安全法に準拠しているかなどのチェック項目がある。

 さらに床面の直下照度や使用時の消費電力を実測したり、均斉度(照度のムラ)を目視で確認するなどして、採用したLED照明器具の妥当性を確認していく。

導入するLED照明器具は、現時点では安価な製品が多い直管蛍光灯形LEDランプと器具のセットが多くなりそうだ。直管蛍光灯形のLEDランプは、蛍光灯と比べて配光角が狭い、全光束が少ないといった指摘を受けることが多い。しかしURでは、こうした点が蛍光灯と同等でなくても、従来通りの床の明るさが維持できていればよいという考え方だ。蛍光灯より配光角が狭い分、共用通路の床面を無駄なく照らせるので、全光束は蛍光灯ほど必要ないとも言える。

 蛍光灯照明の省エネ対策では、一般にLEDよりも器具効率に勝るHf形蛍光灯の採用も有力な選択肢の一つだが、URが選んだのはLEDだった。必要な明るさを確保でき、かつ、消費電力の絶対量が少ないからだ。「これまでは省エネのために一般の蛍光灯器具をHf形に交換してきた。20W形の蛍光灯をHf形に替えれば消費電力は16Wで済む。LEDならさらに少なく12W~13W程度だ。導入したHf形の器具も、交換時期がきたらLED化していく」と寺沢氏は説明する。
-----------------------(ここまで)-----------------------------
10年間で今付けたばかりの器具も交換時期に入るという試算なのでしょう。
URの動きは、それ以外の賃貸マンションや分譲マンションにも波及すると考えられます。
共用部分のLED化は、この3年が勝負でしょうね。
今年もしくは来年に出来るマンションは、既にLED化して建設するものと考えられますので、10年後には大方の集合住宅の共有部分はLED照明になるものと思われます。


(製品情報)「前世紀の照明を一掃」、CreeがEnergy Star準拠の60W級LED電球を発表

CREE60WLED.jpg

-----------------------(記事転載)-----------------------------
Creeは、「革命的なLED電球を開発した」と発表した。これで「前世紀の照明器具を一掃する」と豪語する。
 同社は今回、米国エネルギ省(DOE:Department of Energy)の省エネ基準規格「Energy Star」が定めた60W級の交換用標準LED電球の要求仕様を満たすA形LED電球を披露した。同社独自の「TrueWhite」技術と、リモートフォスファ(remote phosphor)技術を適用したという。
 同社によると、今回試作した電球は調光が可能で、白熱電球に相当する2700Kの色温度が得られ、演色数(CRI:Color Rendering Index)は少なくとも90だという。また、光束は800lm(ルーメン)を確保し、消費電力は10Wを下回る。現在、この試作品を第三者機関に提出し、配光や光束維持率、性能などを検証しているところだという。

 Creeの主張によると、現在市販されているA形LED電球の中には、Energy Starの60W級交換用標準電球の要求仕様をこのレベルの効率と光品質で満たすものは1つも無いという。

 同社のチェアマン兼チーフエグゼクティブを務めるChuck Swoboda氏は、報道発表資料の中で、「今回の開発は、業界における重要なマイルストーンとなる。コストが低くエネルギ効率が高いLED電球を商品化しようとする開発競争の中、業界ではLED電球が置き換えようとしている従来技術と同等の光の品質を実現する必要性が忘れられている。今回当社は、業界で初めて、60W級白熱電球を一切の妥協無く置き換えられるLED電球を開発した」と述べている。
 また、Creeの広報担当者は、「当社がA19形の交換用LED電球を発表するのは、今回がまったくの初めてだ。Energy Star規格の指標を満たしたという点で、当社にとっても業界にとっても、これまでとは違った意味を持つ成果だといえる」と語った。
 さらに同担当者は、「当社が今回発表しているのは、製品そのものではなく、実証の成果だ。この成果をどのように市場に投入するのかについては、まだ確定していない。販売価格も未定だが、低コストを実現する設計を採用している。実証成果をこのように発表した理由は、白熱電球のような色合い(2700Kの色温度)を実現する60W級の交換用LED電球(800lmを超える光束を、10Wを切る消費電力で出力)の製造が可能であることを、LED照明業界に対して示すためだ」と付け加えた。
-----------------------(ここまで)-----------------------------

エジソンの作った電球は過去の遺物のようです。


Cree社は、チップの提供だけに飽き足らず、ランプそのものも開発・製造しているのですね。
日本で言えば、日亜や豊田通商がランプを作っていることと同じです。
確かに800lmを越して、商品電力も10W、更にそれが電球色(2700K)というのは、
未だ日本の大メーカーでもなし得ていないスペックです。調光も出来るようですし、1つ手に入れてあかりを見てみたいです。Cree社さん、できればE26ベースにして、1個サンプルを下さい(~_~;)


ただ、発光部分下のフィンが大きすぎますね(ーー;)日本のスマートな器具には向いてないような。
アメリカの大型車を髣髴とさせるデザインです。


以上


スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/02/09 07:52 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/227-8de41974








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。