FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パナソニックのLED新製品 2011年1月

曽田です。

今日は、パナソニックのLED新製品の紹介です。



(製品情報)パナソニック LED電球一般電球タイプ2品番を発売
業界最高の配光角(光の広がる角度)を実現したLED電球「EVERLEDS」一般電球タイプ2品番を3月18日より発売します。

本製品は、「大型グローブ内の円周上にLEDパッケージと2重の反射板を配置することにより、光を広げる光学設計技術」と「円周上に配置されたLEDパッケージ上部にも回路を配置する放熱技術」の採用によって、白熱電球とほぼ同じ配光角(光の広がる角度)約300度を実現しました。これにより、従来のLED電球で課題となっていた照明器具の見え方が重要視される場合や、部屋全体を照らす照明器具に使用する場合などにおいても、白熱電球から取り替えてもほぼ同等の配光角(光の広がる角度)での照明効果が得られます。

LDA7L-G       LDA7L-G
LDA7D-G(昼光色相当)         LDA7L-G(電球色相当)イメージ


 



品番
光色
色温度(K)
寸法(mm)質量
(g)
口金周波数
(Hz)
定格
電圧
(V)
定格
入力電流
(A)
定格
消費電力
(W)
全光束
(lm)
定格
寿命
(h)
外径長さ
一般
電球
タイプ
LDA7L-G電球色
相当
(2800)
6011285E2650/60共用1000.127.239040,000
LDA7D-G昼光色
相当
(6700)
485



とうとう本当に白熱球と同等のLED電球が発売されます。
今まで、LED電球は直下しか明るくないと不評でしたが、これで白熱球の代わりにLED電球を採用する事が増えそうです。




(製品情報)パナソニック EVERLEDS(エバーレッズ) LEDシーリングライト 新発売
本製品は、LED光源を搭載し、「調光」機能と「調色」機能で、明るさと光の色を自由にコントロールすることが出来ます。さらに当社独自の直接光と間接光の「配光切替え」機能との組み合わせにより、今まで培ってきたライティングソフトを活かした<くつろぎのあかり>などの生活シーンに合わせた4つのあかりに切替えられ、空間を演出する事が出来ます。また、部屋の明るさを検知して自動で調光・消灯する「エコナビ」を搭載し、省エネを実現しています。


品名 LEDシーリングライト
品番
タイプ
LGBZ3100
調色タイプ
LGBZ3200
昼白色タイプ
LGBZ3300
電球色タイプ
LGBZ2100
調色タイプ
LGBZ2200
昼白色タイプ
LGBZ2300
電球色タイプ
希望小売
価格
(税込)
126,000円94,500円94,500円117,600円86,100円86,100円
適用畳数8~12畳6~10畳
発売日3月31日4月21日
販売目標15,000台/年 (2011年度)


シャープ、東芝についで、やっとパナソニックもLEDのシーリングライトを発売してきました。
機能的には3社とも同じで、色や明るさをリモコンで調整したり、プログラミングして自動的に変化させたりすることが出来ます。
3月になれば、家電量販店で3社のシーリングライトが並べられて、比較して買うことも出来そうですね。
最終的には、値段とあかりの質が決め手になることと思います。




(製品情報)パナソニック LED電球 小丸電球 0.5W(電球色)
パナソニック株式会社は、照明器具の常夜灯などに使われるE12口金対応のLED電球『LDT1LHE12』を、2011年2月25日に発売する。

細かな部分でも省エネを
『LDT1LHE12』は、ペンダントライトやシーリングライトの常夜灯として使われるナツメ球の代替用LED電球だ。全光束は10ルーメン、光色は電球色相当となっている。
消費電力は0.5Wで、同社のナツメ球「100V1CTL」の約1/10である。寿命は40,000時間。1日7時間使用した場合で、約15年もの長寿命を持つ。
本製品は、インバータ器具に対応する他、消灯時に壁面スイッチの場所を知らせる「ホタルスイッチ」や、リモコン付き器具でも使用可能となっている。
本体サイズは、21mm×48mmで、重量は約10gだ。なお、価格はオープンとなっている。

商品画像

常夜灯として使用されるナツメ球は、5W程度の電力を消費する。しかも、毎晩欠かさず数時間は使用することとなるため、1年間のトータルでは結構な電力量になる。本製品を使用すれば、単純で電力消費を1/10程度まで圧縮することができるのだ。


以上
スポンサーサイト


クリックお願いします→にほんブログ村 インテリアブログ 照明インテリアへ
[ 2011/02/05 08:16 ] LED記事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightosaka.blog13.fc2.com/tb.php/221-00c0467d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。